Chief’s Crown(チーフズクラウン。1982.4.7)-第1回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬-

Chief’s Crown(チーフズクラウン) 牡 鹿毛 1982.4.7生~1997.4.29没 米国・Carl Rosen生産 馬主・Star Crown Stable 米国・Roger Laurin厩舎

Chief’s Crown(1982.4.7)の4代血統表
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Pas de Nom
黒鹿毛 1968.1.27
Admiral’s Voyage
黒鹿毛 1959.3.23
Crafty Admiral 1948
Olympia Lou 1952
Petitioner
鹿毛 1952
Petition 1944
Steady Aim 1943
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat
栗毛 1970.3.30
Bold Ruler
黒鹿毛 1954.4.6
Nasrullah 1940.3.2
Miss Disco 1944
Somethingroyal
鹿毛 1952.3.12
Princequillo 1940
Imperatrice 1938.5.26
Chris Evert
栗毛 1971.2.14
Swoon’s Son
鹿毛 1953.2.13
The Doge 1942
Swoon 1942
Miss Carmie
鹿毛 1966.2.21
T. V. Lark
鹿毛 1957.2.12
Twice Over
黒鹿毛 1956.5.13

<5代血統表内のクロス:Nearco4×5>

Chief’s Crown(1982.4.7)の血統の簡易まとめ
母父 祖母父 曾祖母父
Danzig
(Northern Dancer系)
Secretariat
(Bold Ruler系)
Swoon’s Son
(Teddy系)
T. V. Lark
(Nasrullah系)
牝系 母の何番仔?
半妹クラシッククラウン
(No. 23-b)
2番仔
(2連産目)

*

1984年の第1回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。ハリウッドパーク・ダート8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Chief’s Crown 牡2 55.3 Donald MacBeth 1:36 1/5 Roger Laurin 1
2 4 Tank’s Prospect 牡2 55.3 Jorge Velasquez 3/4 D. Wayne Lukas 7
3 3 Spend a Buck 牡2 55.3 Angel Cordero, Jr. 3/4 Cam M. Gambolati 3
4 8 Script Ohio 牡2 55.3 Eddie Maple 6 1/2 John M. Veitch 5
5 9 Bionic Light 牡2 55.3 Patrick A. Valenzuela 2 3/4 Robert A. Cappellucci 10

2023年の現在に続く米国の競馬の祭典ブリーダーズカップ・ワールド・チャンピオンシップ。その初年度1984年の最初のレースは米国2歳牡馬王者を決める第1回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル。ハリウッドパーク・ダート8ハロンのゴールポストで「4分の3馬身」「4分の3馬身」の勝負を見せた3頭の名前を見ればChief’s Crown、Tank’s Prospect(1982.5.2)、Spend a Buck(1982.5.15)。後で振り返れば翌1985年にChief’s CrownはトラヴァーズS(米GI)、マールボロC(米GI)、フラミンゴS(米GI)、ブルーグラスS(米GI)を勝ち、Tank’s ProspectはプリークネスS(米GI)とアーカンソーダービー(米GI)を勝ち、Spend a Buckはケンタッキーダービー(米GI)とモンマスH(米GI)を勝つという、正に米国の2歳牡馬王者を決めるに相応しい一戦でした。

という訳で、栄えある第1回ブリーダーズカップの真に最初のレースを制したChief’s Crown。名種牡馬Danzigの初年度産駒にして、最初のGレース勝ち馬となり、最初のGIレース勝ち馬となったChief’s Crown、「初物」に縁がある存在だったのかも知れません。Chief’s Crownは祖母Chris EvertがエイコーンS(米GI)、マザーグースS(米GI)、コーチングクラブアメリカンオークス(米GI)のいわゆる「ニューヨーク牝馬三冠」を達成した名牝。そんなChief’s Crownの牝系が持つDNAの確かさは種牡馬となってからも遺憾なく発揮され、15歳という比較的若い年齢で他界したものの、

  1. Chief Honcho(1987.3.31)
    →ブルックリンH(米GI)、イクセルシアH(米GII)、ジムダンディS(米GII)ほか。牡馬
  2. Azzaam(1987.3.5)
    →シドニーC(豪GI)、ニューカースルC(豪GII)、マニオンC(豪GIII)ほか。牡馬
  3. Be My Chief(1987.3.7)
    →レーシングポストT(英GI)、ソラリオS(英GIII)、ヴィンテージS(英GIII)。牡馬
  4. エルハーブ(1991.5.24)
    →英ダービー(GI)、ダンテS(英GII)ほか。牡馬
  5. Grand Lodge(1991.3.6)
    →セントジェームズパレスS(英GI)、デューハーストS(英GI)ほか。牡馬
  6. Istidaad(1992.4.28)
    →オーストラリアンC(豪GI)、セントジョージS(豪GII)2回、ムーニーヴァリーC(豪GII)ほか。牡馬
  7. チーフベアハート(1993.2.1)
    →ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、マンハッタンH(米GI)、カナディアンインターナショナルS(GI)、キングエドワードH(加GIII)、エルクホーンS(米GIII)、ブリーダーズSほか。牡馬

という7頭のGIホースを始めとして活躍馬を多く輩出しました。カタカナ馬名の通りエルハーブ、チーフベアハートというクラシックディスタンスのGIホース2頭が種牡馬として輸入され、エルハーブは不発でしたが、チーフベアハートはマイネルレコルト(2002.5.10)、マイネルキッツ(2003.3.18)という2頭の平地のJRA・GI馬のほか多様な活躍馬が見られた個性派種牡馬でした。また海外でもGrand Lodgeが12歳で早世したもののSinndar(1997.2.27)やグランデラ(1998.4.21)を始めとして10頭以上のGI馬を輩出。そしてまたChief’s Crownはブルードメアサイアーとしてもゴールドティアラ(1996.4.25)、アグネスデジタル(1997.5.15)、ディープスカイ(2005.4.24)と3頭の国内ジーワン馬を始めとして多くの活躍馬を送り込みました。Danzig系のオールラウンドぶりがChief’s Crownの血を引く馬たちの名前からも伺い知れますね。

そんな訳で「BC 40TH RUNNING」とのことで、ブリーダーズカップ創設以来40回目を迎える今年2023年、1984年の第1回の勝ち馬たち7頭を、短期集中連載の「特集」でお届けしたいと思います。

About
The Breeders' Cup attracts competition from around the globe including the top talent from 6 continents and over 16 coun...

  

では、以上雪の家(ゆきのや)でした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Chief’s Crown(1982.4.7)の主な競走成績]

  1. ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)、トラヴァーズS(米GI)、フラミンゴS(米GI)、ホープフルS(米GI)、ノーフォークS(米GI)、マールボロC(米GI)、ブルーグラスS(米GI)、カウディンS(米GI)、サラトガスペシャルS(米GII)
  2. プリークネスS(米GI)、米フューチュリティS(GI)
  3. ケンタッキーダービー(米GI)、ベルモントS(米GI)、ウッドワードS(米GI)

通算21戦12勝、2着3回、3着3回。

Chief's Crown - Hall of Champions

コメント

タイトルとURLをコピーしました