Eillo(エイロ。1980.2.17)-第1回ブリーダーズカップ・スプリント(米GI)の勝ち馬-

Eillo(エイロ) 牡 栗毛 1980.2.17生~1984.12没 米国・Ollie A. Cohen生産 馬主・Crown Stable 米国・Budd Lepman厩舎

Eillo(1980.2.17)の4代血統表
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer
芦毛 1950.3.27
Polynesian 1942.3.8
Geisha 1943
Raise You
栗毛 1946
Case Ace 1934
Lady Glory 1934
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua
鹿毛 1952.4.14
Nasrullah 1940.3.2
Segula 1942
Sequence
黒鹿毛 1946
Count Fleet 1940.3.24
Miss Dogwood 1939
Barbs Dancer
栗毛 1971.2.27
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Periodista
鹿毛 1965
Barbizon
黒鹿毛 1954.4.15
Polynesian1942.3.8
Good Blood 1942
Swooning
鹿毛 1958.5.11
The Doge
黒鹿毛 1942
Swoon
栗毛 1942

<5代血統表内のクロス:Native Dancer3×4、Polynesian4×4×5、Nearco4×5、Bull Dog5×5>

Eillo(1980.2.17)の血統の簡易まとめ
母父 祖母父 曾祖母父
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
Northern Dancer
(Nearctic系)
Barbizon
(Sickle系)
The Doge
(Teddy系)
牝系 母の何番仔?
近親Swoon’s Son
(No. 12-b)
3番仔?

*

1984年の第1回ブリーダーズカップ・スプリント(米GI。ハリウッドパーク・ダート6F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Eillo 牡4 57.2 Craig Perret 1:10 1/5 Budd Lepman 1
2 7 Commemorate 牡3 56.2 Chris J. McCarron ハナ Lazaro S. Barrera 4
3 11 Fighting Fit 牡5 57.2 Eddie J. Delahoussaye 1 1/2 Robert J. Frankel 2
4 4 Pleasure Cay 牝4 55.8 Laffit A. Pincay, Jr. 2 1/2 Neil D. Drysdale 3
5 1 Princess Tracy (ire) 牝3 54.9 Pat Eddery 1 1/4 Michael Cunningham 10

2023年の現在に続く米国の競馬の祭典ブリーダーズカップ・ワールド・チャンピオンシップ。その初年度1984年の3番目のレースは米国スプリント王者を決める第1回ブリーダーズカップ・スプリント。ハリウッドパーク・ダート6ハロンのゴールポストで「ハナ」差のスリリングな勝負を見せたのは、逃げた1番人気のEilloと番手から迫った4番人気のCommemorate(1981.3.24)。通過を確認すれば2ハロン目22秒2/5、4ハロン目45秒3/5、5ハロン目57秒1/5、そしてゴールの6ハロン目が1分10秒1/5。好スタートから軽快に逃げた栗毛のEillo、最後の1ハロンはレース動画でも「脚が止まった」ように見えましたが、測ったように「ハナ」だけ先んじたところが決勝点。これはサスガにキャリア通算4415勝を数えた米国競馬名誉の殿堂入りの鞍上クレイグ・ペレ騎手、相棒の脚をひとつも残さず、しっかり6ハロンを走り切らせた匠の技を見ました。

Craig Perret | National Museum of Racing and Hall of Fame

そうして鞍上に応えたEilloはこのブリーダーズカップ・スプリントが自身初のグレードレース制覇となりました。しかし悲しいかなレースの4週間後、腹痛に伴う開腹手術を受けたものの、効なく4歳で早世してしまいました。大種牡馬Mr. Prospectorの快速をそのまま受け継いだ競走成績、4代母Swoonの仔Swoon’s Son(1953.2.13)は30勝を挙げた1950年代の名馬にして名牝Chris Evert(1971.2.14)の父にもなったという血統背景。

Swoon's Son (KY) | National Museum of Racing and Hall of Fame

Eillo、もし種牡馬となっていたら、どのような仔を残したのか。40年近く経った今でも「惜しい」と思わせる、ブリーダーズカップ・スプリントの初代勝ち馬にして1984年のエクリプス賞最優秀スプリンターでした。

  

では、以上雪の家(ゆきのや)でした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[Eillo(1980.2.17)の主な競走成績]

  1. ブリーダーズカップ・スプリント(米GI)

通算17戦12勝、3着1回。

#言わずもがなですが、Chris EvertはChief’s Crown(1982.4.7)の祖母でもありますね。

Chief's Crown(チーフズクラウン。1982.4.7)-第1回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬-
Chief's Crown(チーフズクラウン。1982.4.7)-第1回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬-

##「Eillo」という馬名は、オーナーブリーダーであったOllie A. Cohen氏のファーストネーム「Ollie」を逆さに綴ったものだそうです。

Eillo was named for owner-breeder Ollie Cohen’s first name, spelled backward.

Eillo

Eillo - Hall of Champions

コメント

タイトルとURLをコピーしました