イグナイター(2018.4.13)-第23回JBCスプリント(JpnI)の勝ち馬-

イグナイター 牡 鹿毛 2018.4.13生 日高町・春木ファーム生産 馬主・野田 善己氏 園田・新子 雅司厩舎

イグナイター(2018.4.13)の4代血統表
エスポワールシチー
栗毛 2005.4.22
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev 1977.5.2
Reluctant Guest 1986.2.21
エミネントシチー
鹿毛 1998.5.4
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto 1969.3.16
Kelley’s Day 1977.5.11
ヘップバーンシチー
鹿毛 1990.3.22
ブレイヴエストローマン 1972.5.19
コンパルシチー 1978.4.3
ビアンコ
鹿毛 2000.5.15
ウォーニング
青鹿毛 1985.4.13
Known Fact
黒鹿毛 1977.3.15
In Reality 1964.3.1
Tamerett 1962.2.17
Slightly Dangerous
鹿毛 1979.4.8
Roberto 1969.3.16
Where You Lead 1970.4.23
プラデシュ
栗毛 1994.3.11
ジェネラス
栗毛 1988.2.8
Caerleon 1980.3.27
Doff the Derby 1981.5.13
Bareilly
鹿毛 1988.4.4
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
Barger
鹿毛 1983.4.17

<5代血統表内のクロス:Roberto4×4、Hail to Reason5×5×5、Northern Dancer5×5>

イグナイター(2018.4.13)の血統の簡易まとめ
母父 祖母父 曾祖母父
エスポワールシチー
(サンデーサイレンス系)
ウォーニング
(Intent系)
ジェネラス
(Nijinsky系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
牝系 母の何番仔?
フリオーソと同牝系
(No. 4-n)
9番仔
(不受胎後)

*

2023年の第23回JBCスプリント(JpnI。大井ダート1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8 イグナイター 牡5 57 笹川翼 1:12.0 2-2 37.6 503
[-3]
新子雅司 3
2 11 リメイク 牡4 57 御神本訓史 1:12.3 1.1/2 8-8 37.0 476
[-4]
新谷功一 1
3 5 リュウノユキナ 牡8 57 横山武史 1:12.4 3/4 7-6 37.5 505
[-1]
岩戸孝樹 2
4 10 ジャスティン 牡7 57 森泰斗 1:12.8 2 6-5 38.0 507
[+3]
坂井英光 8
5 7 ラプタス せん7 57 幸英明 1:13.0 1 1-1 38.6 465
[-5]
松永昌博 10
2023年の第23回JBCスプリント(JpnI。大井ダート1200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2 – 10.7 – 11.5 – 12.6 – 12.1 – 12.9
ラップの
累計タイム
12.2 – 22.9 – 34.4 – 47.0 – 59.1 – 1:12.0
上り 4F 49.1 – 3F 37.6

大井ダート1200m、晴の良馬場、15頭立て。

発馬直後にいきなりのアクシデント。防衛王者ダンシングプリンス(2016.5.17)に騎乗の岩田望来騎手が落馬。岩田騎手は前検量に間に合わずJBCレディスクラシック(JpnI)のライオットガール(2020.3.29)に騎乗出来ず、巻き返しを期したJBCスプリントでは競走中止の上、落馬に伴う負傷で11月4日、5日の競馬に騎乗出来ず、さらに前検量に間に合わなかったことに関して注意義務を怠ったとして11月6日、7日の騎乗停止。岩田騎手、一気に色々発生しましたが、これからも頑張りましょう。

アイコンテーラー(2018.5.2)-第13回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-
アイコンテーラー(2018.5.2)-第13回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-

波乱の幕開けとなった第23回JBCスプリント。勝利を収めたのは園田の雄イグナイター。カラ馬となったダンシングプリンスが「おーい、待ってよー」とばかりに取り付いて、馬群に少なからず影響を与えましたが、先行2番手から押し進めていたイグナイターは「我、関せず」とばかりに終始自分の競馬に徹しました。大井ダート外回りの直線386mでは横一線の勝負となりましたけれど、イグナイター、笹川翼騎手の左ムチが点火薬となったのか、エンジン全開で鋭進。リメイク(2019.4.18)、リュウノユキナ(2015.5.16)、ジャスティン(2016.3.18)というJRA勢が差し迫りましたが、翼が生えたかのように伸びたイグナイター、最後はリメイクに1馬身半差を着けたところが決勝点。イグナイター、第7回のフジノウェーブ(2002.4.27)、第19回のブルドッグボス(2012.4.20)、第20回のサブノジュニア(2014.3.15)に続く史上4頭目のNAR勢によるJBCスプリントの勝利を果たした瞬間でした。

またイグナイターは第13回のJBCスプリントを制した父エスポワールシチーに続いての父仔制覇となりました。JBCスプリントは父仔制覇の舞台でもあるようで第3回の勝ち馬サウスヴィグラス(1996.4.19)も第15回のコーリンベリー(2011.4.13)、第20回のサブノジュニアと父仔制覇を遂げています。父の走る姿を知っていて、なお仔の走る姿を見る。競馬が線となった時、競馬者は優しくなれるものです。

そしてまたイグナイターの鞍上を務めた笹川騎手、管理される新子雅司調教師、馬主である野田善己オーナー、生産の春木ファーム、皆様ジーワン初勝利と相成りました。本当におめでとうございました。

イグナイター、園田の雄のみならず、日本ダート界の雄として、これからも砂上での活躍を祈っています。

 

では、以上雪の家(ゆきのや)でした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

【JBCスプリント】(大井)兵庫の雄イグナイター、悲願のJpnI初制覇|競馬実況web|競馬|ラジオNIKKEI
【JBCスプリント】(大井)兵庫の雄イグナイター、悲願のJpnI初制覇|ラジオNIKKEI:競馬番組

コメント

タイトルとURLをコピーしました