レモンポップ(2018.2.15)-第36回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の勝ち馬+α-

レモンポップ 牡 栗毛 2018.2.15生 米・Mr. & Mrs. Oliver S. Tait氏生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・田中 博康厩舎

レモンポップ(2018.2.15)の4代血統表
Lemon Drop Kid
鹿毛 1996.5.26
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Charming Lassie
黒鹿毛 1987.3.6
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Lassie Dear
鹿毛 1974.5.2
Buckpasser 1963.4.28
Gay Missile 1967.3.27
Unreachable
栗毛 2009.2.4
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Mariah’s Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy 1985.2.18
イメンス 1979.3.17
Harpia
鹿毛 1994.2.10
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
Spring Adieu
鹿毛 1974.5.10

<5代血統表内のクロス:Buckpasser4×5、Northern Dancer4×5×5、Natalma5×5(母方)>

レモンポップ(2018.2.15)の血統の簡易まとめ
母父 祖母父 曾祖母父
Lemon Drop Kid
(Mr. Prospector系)
Giant’s Causeway
(Storm Cat系)
Danzig
(Northern Dancer系)
His Majesty
(Ribot系)
牝系 母の何番仔?
大伯父デインヒル
(No. 2-d)
4番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2023年の第36回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI。盛岡ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢 斤量 騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 レモンポップ 牡5 57 坂井瑠星 1:33.8   34.7 517
[前計不]
田中博康 1
2 12 イグナイター 牡5 57 笹川翼 1:35.8 36.6 506
[-11]
新子雅司 5
3 6 レディバグ 牝5 55 酒井学 1:35.9 1/2 35.9 466
[+1]
北出成人 7
4 1 タガノビューティー 牡6 57 石橋脩 1:36.0 3/4 35.3 519
[+1]
西園正都 4
5 2 カフェファラオ 牡6 57 高松亮 1:36.0 ハナ 36.4 522
[-4]
堀宣行 2

盛岡ダート1600m、曇の稍重馬場、14頭立て。JRA勢7頭、NAR勢7頭の戦いとなった、秋のダートマイル王決定戦。終わってみれば、最初から最後までレモンポップと坂井瑠星騎手の二人舞台。好スタートを見せて最初の400mで早々と先頭に立ったレモンポップ。自分のペースで走って1000m59秒1で悠々と逃げ、上がりの3ハロンをメンバー最速の34秒7でまとめて1分33秒8。……それは決勝点では「大差」が着いてしまいますわ^^;。勝負する気概を見せた園田の雄イグナイター(2018.4.13)が最後まで頑張って2着に踏ん張りましたが、それでもレモンポップとは2秒差。着差にすればどうでしょう、12馬身は着いていた、というところでしょうか。レモンポップ、大圧勝を以て2月のフェブラリーS(GI)以来となるジーワン2勝目を遂げました。

レモンポップ、この走りを見せられると「今後」が大変気になるところです。馬主であるゴドルフィンの記事によりますと、3つの選択肢があり、JBCスプリント(JpnI)、ブリーダーズカップ・ダートマイル(米GI)、チャンピオンズカップ(GI)のいずれか。記事からはチャンピオンズカップが本命のようですが、チャンピオンズカップに向かうのであれば、その前に1走挟む模様。

Certainly, we will be looking at the Champions Cup, with one run beforehand. We will be discussing it intently over the next few days.

Lemon Pop far too sharp for Mile Championship Nambu Hai rivals | Godolphin

果たして、レモンポップの進路や如何に。栗毛のダートマイル王、その蹄の向かう先に幸多かれと祈るばかりです。

#↑で確認したゴドルフィンの記事では、

He is also qualified to run in the G1 Breeders’ Cup Dirt Mile at Santa Anita, which the jockey was angling towards after the race.

Lemon Pop far too sharp for Mile Championship Nambu Hai rivals | Godolphin

とも記載されていました。坂井騎手、マイルチャンピオンシップ南部杯のレース後、出走の権利があるブリーダーズカップ・ダートマイルへの出走を望まれたというところでしょうか。まま、レモンポップの左回りのダート1600mでの強さと速さを実感すれば、進言したくなるのも道理です^^;

*

レモンポップの強さばかりが目立った2023年の第36回マイルチャンピオンシップ南部杯。本稿では2着のイグナイターの4代血統表を併せてご紹介しておきます。

イグナイター 牡 鹿毛 2018.4.13生 日高町・春木ファーム生産 馬主・野田 善己氏 園田・新子 雅司厩舎

イグナイター(2018.4.13)の4代血統表
エスポワールシチー
栗毛 2005.4.22
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev 1977.5.2
Reluctant Guest 1986.2.21
エミネントシチー
鹿毛 1998.5.4
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto 1969.3.16
Kelley’s Day 1977.5.11
ヘップバーンシチー
鹿毛 1990.3.22
ブレイヴエストローマン 1972.5.19
コンパルシチー 1978.4.3
ビアンコ
鹿毛 2000.5.15
ウォーニング
青鹿毛 1985.4.13
Known Fact
黒鹿毛 1977.3.15
In Reality 1964.3.1
Tamerett 1962.2.17
Slightly Dangerous
鹿毛 1979.4.8
Roberto 1969.3.16
Where You Lead 1970.4.23
プラデシュ
栗毛 1994.3.11
ジェネラス
栗毛 1988.2.8
Caerleon 1980.3.27
Doff the Derby 1981.5.13
Bareilly
鹿毛 1988.4.4
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
Barger
鹿毛 1983.4.17

<5代血統表内のクロス:Roberto4×4、Hail to Reason5×5×5、Northern Dancer5×5>

イグナイター(2018.4.13)の血統の簡易まとめ
母父 祖母父 曾祖母父
エスポワールシチー
(サンデーサイレンス系)
ウォーニング
(Intent系)
ジェネラス
(Nijinsky系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
牝系 母の何番仔?
フリオーソと同牝系
(No. 4-n)
9番仔
(不受胎後)

元々は栗東・牧田和弥厩舎の所属馬として2020年11月の東京ダート1600mの新馬戦で7馬身差勝ちを果たしたイグナイター。その後、大井・福永敏厩舎を経て、現在所属の園田・新子雅司厩舎へ。前進気勢が強い馬だというイグナイター、確かに競走成績にも現れており、今回のマイルチャンピオンシップ南部杯も含めて確認してみれば、

  • ダート1500m以下[10-1-2-2]
    →さきたま杯(JpnII)、かきつばた記念(JpnIII)、黒船賞(JpnIII)勝ちを含む
  • ダート1600m以上[1-3-0-5]
    →マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)2着を含む

と、恣意的な切り分け方ではありますが、マイル戦よりも短い距離で好成績を残しています。1200mでは[0-0-0-1]、1300mでは[2-0-0-0]、1400mでは[7-1-2-1]、1500mでは[1-0-0-0]という成績のイグナイター。次走と目される大井ダート1200mのJBCスプリント、果たしてエスポワールシチーに続く父仔2代制覇となりますでしょうか。イグナイター、その馬名意味は「点火薬」。

  

では、以上雪の家(ゆきのや)でした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

【南部杯】イグナイターが地方馬の意地見せる2着と健闘 笹川翼騎手「ここまできたらG1を取らせてあげたい」 | 競馬ニュース - netkeiba.com
◆第36回マイルCS南部杯・交流G1(10月9日、盛岡競馬場・ダート1600メートル、稍重)  秋のダートマイル王決定戦はJRAの7頭を含む14頭(岩手5頭、他地区2頭)で行われ、単勝1番人気で… No.1競馬情報サイト「netkeiba....

コメント

タイトルとURLをコピーしました