フォーエバーヤング(2021.2.24)-第74回全日本2歳優駿(JpnI)の勝ち馬-

フォーエバーヤング 牡 鹿毛 2021.2.24生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・藤田 晋氏 栗東・矢作 芳人厩舎

フォーエバーヤング(2021.2.24)の4代血統表
リアルスティール
鹿毛 2012.3.1
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
ラヴズオンリーミー
鹿毛 2006.2.19
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Monevassia
鹿毛 1994.5.24
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
フォエヴァーダーリング
栃栗毛 2013.3.16
Congrats
鹿毛 2000.3.13
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Praise
鹿毛 1994.3.18
Mr. Prospector 1970.1.28
Wild Applause 1981.5.4
Darling My Darling
鹿毛 1997.3.18
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
ローミンレイチェル
鹿毛 1990.4.18
マイニング
栗毛 1984.4.4
One Smart Lady
鹿毛 1984.5.3

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4×5、Northern Dancer5×5×5、Secretariat5×5>

フォーエバーヤング(2021.2.24)の血統の簡易まとめ
母父 祖母父 曾祖母父
リアルスティール
(サンデーサイレンス系)
Congrats
(A.P. Indy系)
Deputy Minister
(Northern Dancer系)
マイニング
(Mr. Prospector系)
牝系 母の何番仔?
大叔父ゼンノロブロイ
(No. 2-b)
4番仔
(4連産目)

*

2023年の第74回全日本2歳優駿(JpnI。川崎ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12 フォーエバーヤング 牡2 56 坂井瑠星 1:43.5 2-2-1-1 40.1 525
[+1]
矢作芳人 1
2 1 イーグルノワール 牡2 56 松山弘平 1:45.0 7 3-3-2-2 41.6 526
[-6]
音無秀孝 2
3 7 サントノーレ 牡2 56 服部茂史 1:45.5 2.1/2 5-4-4-3 41.9 500
[-6]
田中淳司 7
4 10 ナスティウェザー 牡2 56 岩田望来 1:45.7 1 6-5-4-4 41.9 460
[+12]
加藤征弘 4
5 9 サトノフェニックス 牡2 56 和田竜二 1:46.1 2 8-8-7-6 42.1 483
[-6]
西園正都 3
2023年の第74回全日本2歳優駿(JpnI。川崎ダート1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4 – 11.3 – 12.9 – 14.2 – 12.6 – 13.7 – 13.8 – 12.6
ラップの
累計タイム
12.4 – 23.7 – 36.6 – 50.8 – 1:03.4 – 1:17.1 – 1:30.9 – 1:43.5
上り 4F 52.7 – 3F 40.1

川崎ダート1600m、晴の稍重馬場、12頭立て。

戦前の下馬評通り1番人気フォーエバーヤングと2番人気イーグルノワール(2021.2.17)の決着でしたが、決勝点では7馬身と大きな差が開きました。フォーエバーヤング、10月の京都ダート1800mの新馬戦、11月の門別ダート1800mのJBC2歳優駿(JpnIII)、

モズミギカタアガリ(2021.3.31)&フォーエバーヤング(2021.2.24)-2024年のクラシック候補生を確認する(No.13)-
モズミギカタアガリ(2021.3.31)&フォーエバーヤング(2021.2.24)-2024年のクラシック候補生を確認する(No.13)-

そして12月の川崎ダート1600mの全日本2歳優駿と3戦3勝、無敗で2歳ダート王に登り詰めました。

フォーエバーヤングの全日本2歳優駿制覇により、父リアルスティールは産駒のGI級競走初勝利となりました。リアルスティールも手掛けられていた矢作芳人調教師にとっては父仔2代のGI級競走勝ちとなり、やはり格別なものでしょう。そしてまた、フォーエバーヤングの馬主は藤田晋氏。

【全日本2歳優駿】圧勝フォーエバーヤングの藤田晋オーナー初G1制覇は”休肝日”で目撃「ダート3冠、サウジやケンタッキーもある」
◆第74回全日本2歳優駿・交流G1(12月13日、川崎競馬場・ダート1600メートル、稍重)

ボンドガール(2021.1.19)阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)を回避したことで悶々とされていたようですが、フォーエバーヤングの全日本2歳優駿の優勝により溜飲を下げられたというところでしょうか。藤田オーナーもGI級競走初制覇ということで、おめでとうございました。そしてまたフォーエバーヤングは2024年の進路の選択肢が多岐に渡り、楽しみが多いと思わされますね(^^)

 

では、以上雪の家(ゆきのや)でした。これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#今回の全日本2歳優駿で3着に頑張ったサントノーレ。ホッカイドウ競馬所属の彼はエピカリス(2014.3.22)の初年度産駒でトレド(2020.3.29)の半弟。志半ばで逝ったトレドの分もサントノーレには頑張ってほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました