Saint Liam(セイントリアム。2000.4.13)-SS以降のエクリプス賞年度代表馬(No.16)-

Saint Liam(セイントリアム) 牡 鹿毛 2000.4.13生~2006.8.22没 米国・Edward P. Evans生産 馬主・Mr. & Mrs. William K. Warren, Jr. 米国・Richard E. Dutrow, Jr.厩舎

Saint Liam(2000.4.13)の4代血統表
Saint Ballado
黒鹿毛 1989.5.14
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18 ♀
Ballade
黒鹿毛 1972.3.10
Herbager
鹿毛 1956
Vandale 1943
Flagette 1951
Miss Swapsco
黒鹿毛 1965.2.25
Cohoes 1954.4.9
Soaring 1960.1.27
Quiet Dance
芦毛 1993.1.25
Quiet American
鹿毛 1986.4.29
Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Demure
鹿毛 1977.4.4
Dr. Fager 1964.4.6
Quiet Charm 1971.2.25
Misty Dancer
芦毛 1988.5.6
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Flight Dancer
芦毛 1968.4.18
Misty Flight
栗毛 1955.4.22
Courbette
芦毛 1957.4.19

<5代血統表内のクロス:Dr. Fager5×4(母方)、Mahmoud5×5(父方)、Nearctic5×5(母方)>

Saint Liam(2000.4.13)の血統の簡易まとめ
母父 祖母父 曾祖母父
Saint Ballado
(Halo系)
Quiet American
(Mr. Prospector系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
Misty Flight
(Princequillo系)
牝系 母の何番仔?
半妹が米GII勝ち馬
(No. 17-b)
2番仔?
(2連産目?)

*

2005年の第47回ドンH(米GI。ガルフストリームパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Saint Liam 牡5 54 Edgar S Prado 1:48.43 Richard Dutrow Jr 2
2 4 ロージズインメイ 牡5 54.9 John R Velazquez 3 3/4 Dale Romans 1
3 2 Eddington 牡4 51.7 E Coa 3/4 Mark Hennig 3
4 1A Seek Gold せん5 51.7 J D Bailey 8 1/2 Nicholas Zito 4
5 1 Pies Prospect 牡4 51.7 Javier Castellano 6 1/4 Nicholas Zito 4

*

2005年の第24回スティーブンフォスターH(米GI。チャーチルダウンズ・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Saint Liam 牡5 54.9 Edgar S Prado 1:47.52 Richard Dutrow Jr 1
2 8 Eurosilver 牡4 51.3 Rafael Bejarano 2 3/4 Carl Nafzger 4
3 7 Perfect Drift せん6 53.1 Gary Stevens 2 3/4 Murray Johnson 3
4 2 M B Sea 牡6 51.3 P Day 3/4 Dale Romans 7
5 1 Gouldings Green 牡4 50.8 Mike E Smith 3/4 Anthony Reinstedler 6

*

2005年の第52回ウッドワードS(米GI。ベルモントパーク・ダート9F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Saint Liam 牡5 57.2 J D Bailey 1:49.07 Richard Dutrow Jr 1
2 1 Sir Shackleton 牡4 57.2 Rafael Bejarano 2 Nicholas Zito 2
3 1A Commentator せん4 57.2 Gary Stevens 12 1/2 Nicholas Zito 2
4 2 Show Boot 牡4 57.2 R Rojas 47 1/2 Richard Dutrow Jr 4
5 2B Crafty Player 牡4 57.2 R Rodriguez クビ Richard Dutrow Jr 4

*

2005年の第22回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。ベルモントパーク・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 13 Saint Liam 牡5 57.2 J D Bailey 2:01.49 Richard Dutrow Jr 1
2 9 Flower Alley 牡3 55.3 John R Velazquez 1 Todd Pletcher 5
3 5 Perfect Drift せん6 57.2 M Guidry 1 1/2 Murray Johnson 6
4 7 Super Frolic 牡5 57.2 E Coa クビ Vladimir Cerin 12
5 8 Suave 牡4 57.2 Edgar S Prado クビ Paul McGee 8

#2着のFlower Alley(2002.5.7)は米国二冠馬アイルハヴアナザー(2009.4.1)、アラバマS(米GI)の勝ち馬でラッキーライラック(2015.4.3)の母ライラックスアンドレース(2008.4.6)の父。そしてまたトーセンラー(2008.4.21)とスピルバーク(2009.5.12)の半兄という日本ゆかりの血統馬でもあります。

*

2005年のエクリプス賞年度代表馬、Saint Liam。前年2004年のエクリプス賞年度代表馬であるGhostzapper(2000.4.6)に「クビ」まで迫り、唯一慌てさせたであろうその実力は、2005年に真価を発揮しました。米国の強者がひた走る路線をきっちり進み、ドンH、スティーブンフォスターH、ウッドワードS、そしてブリーダーズカップ・クラシックと年間GI4勝。2000年生まれ世代の同期生に続いて、エクリプス賞年度代表馬に輝きました。

Ghostzapper(ゴーストザッパー。2000.4.6)-SS以降のエクリプス賞年度代表馬(No.15)-
Ghostzapper(ゴーストザッパー。2000.4.6)-SS以降のエクリプス賞年度代表馬(No.15)-

年度代表馬の物語は代を経ても続きを見せ、Saint Liamは愛娘Havre de Grace(2007.5.12)の活躍により、Secretariat(1970.3.30)とLady’s Secret(1982.4.8)以来、史上2例目となる「父娘によるエクリプス賞年度代表馬受賞」となったのでした。けれど、愛娘がGI3勝を遂げた2011年、Saint Liamはすでにこの世にいませんでした。Saint Liam、Havre de Grace等の初年度産駒を残したのみで、早世していたのです。

Saint Liam、レース時は「山内研二厩舎か?」と思わせるピンクの耳あてなしのメンコを着けて走っていました。今回の記事を書くに当たり、改めてその素顔を見れば、鹿毛に星1つの男前。愛娘もその美しさに定評がありますが、Saint LiamとHavre de Grace、美形の父娘だったのです。

Halo系は、日本のサンデーサイレンス(1986.3.25)、南米のサザンヘイロー(1983.2.9)により、仔孫が繁栄しています。ただ、北米では他父系に押され加減であることは否めず。Saint Liamの父Saint Balladoはアーリントンクラシック(米GII)、シェリダンS(米GIII)とGII勝ちまでのマイナー種牡馬でしたが、サスガにGlorious Song(1976.4.22)とDevil’s Bag(1981.2.19)の全弟というところを見せて、Saint Liamがエクリプス賞年度代表馬に輝いた2005年には北米首位種牡馬を獲得したのです。けれど、愛息が栄誉に浴した時、悲しくもSaint Balladoはこの世に既におらず。「死んでしまった種牡馬の仔は走る」とは日本の競馬で時折聞かれる格言ですが、何も父仔2代で果たしてくれなくとも……。サンデーサイレンスの血が米国に里帰りする事例も見られますけれど、北米の父系の継承者として、Saint Liamには長く種牡馬として活躍して欲しかったものです。

 

では、以上雪の家(ゆきのや)でした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[Saint Liam(2000.4.13)の主な競走成績]

  1. ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、ドンH(米GI)、ウッドワードS(米GI)、スティーブンフォスターH(米GI)、クラークH(米GII)
  2. ホイットニーH(米GI)、ウッドワードS(米GI)、ニューオーリンズH(米GII)
  3. オークローンH(米GII)

通算20戦9勝、2着6回、3着1回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました